エコファーマー認定

エコファーマーとは

平成11年度に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づきエコファーマーの制度ができました。エコファーマーとは、堆肥等を使った土づくりを基本とし、化学肥料・農薬の使用の低減を一体的に行うもので、持続性の高い生産方式の導入計画を県知事に認定された農業者の愛称です。

持続性の高い農業生産方式=環境に悪い影響を与えない農業(環境保全型農業)

認定農業者とは

認定農業者制度とは、農業経営基盤促進法に基づき意欲のある農業者が、自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」を、市町村が認定しその計画に向けた取組を関係機関・団体が支援する仕組みです。その認定を受けた農業者を認定農業者と言います。


山口県第2692号





▲Pagetop