耕作放棄地の再生

農地再生!

私たちは主に、市やその地域の農業委員さんに農地を紹介してもらっています。作業上の一定の条件が合致すれば、どんな荒廃地でも再生・利用する取組みをしています。

例えば強湿田や基盤整備がされていない圃場、あるいは傾斜地の段々畑等です。野菜を中心に経営をしていますが、山影等場所が悪かったり、集出荷場からかなり距離があったりした場合は、果樹や稲を栽培し、永続的に管理をしています。

一口に耕作放棄地といっても色々な状態があります。もっとも多いのは、雑草が生い茂って樹木まで生えている圃場です。次に多いのは、イノシシ等に農地の中はおろか、畦道まで掘り返された圃場です。こういった農地は、重機による再開墾をするよりありません。

開墾作業は、農業に直接かかわっていない他業者には発注せず、すべて社員が責任を持って作業を行います。その圃場で直接営農に取り組む人間が、農機が出入りしやすいように、または排水溝等を設けたり管理しやすい圃場に迅速に仕上げていきます。

▲Pagetop